私が行っているスキンケアはお米の研ぎ汁で洗顔することです。

毎朝、研ぎ終わったお米の水を捨てることなく洗面器にため顔を洗っています。

効果としてはお肌がただの水で洗顔するよりもモチモチでツルツルになっているような気がします。

私自身、肌が弱く少しのことでお肌が痛みニキビが頻繁にでます。

またこの時期になると、お肌の乾燥が気になります。

そのなかで捨てていた研ぎ汁を活用できないかと思いやってみることにしました。

ポイントは入浴時か入浴後に行うことです。

お肌が水分で潤っている状態で行うことによって保湿効果が相まってより結果が出てるような気がします。

実行してすぐお肌がプルッとモチッとしているのを感じました。

この洗顔法を試し数日後、お肌の赤身が引き、乾燥していたお肌にしっとり重量感とツヤのあるお肌になりました。

周囲の反応も、お肌綺麗になったね、どんな美容品使っているのと訊かれ効果を実感しました。

私は答えます。

お米の研ぎ汁だよと。

驚きの声が返ってきますが本当です。

このスキンケアはお肌のあらゆる変化に対応できると思います。

ぜひ、実行してみてください。

寝る前には必ず保湿が必須です。

鼻の横など、脂性肌?と思う場所も部分的にありますが、全体的に乾燥肌です。

そしてそばかすが昔からあります。

朝は起きた時には石鹸で洗い、化粧水をつけます。

そのあと乳液、しばらくして乾燥がひどければ美容液をつけることもあります。

鼻の横などメイクが崩れやすいところはあまりつけません。

夜はオイルクレンジングでメイクを落としたあとに、石鹸で洗います。

そして朝と同じように化粧水をつけて乳液をつけますが、乾燥がひどいときは保湿クリームをつけます。

乾燥する時期や、肌がガサガサする時期は大体暖房を入れる冬や、花粉の多い春先が多いです。

あまり夏にこってり保湿クリームをぬることはありません。

そして、寝る前の方法が3通り今のところあるのですが、1つ目はワセリンです。

白色ワセリンを目のまわり、?、額にベタベタとつけて寝ます。

すると、翌日ベタベタせずに乾燥もせず、ちょうどいい状態になります。

ただ、寝る直前につけないと髪の長い方は髪にベタっとはりついてしまいます。

次にオリーブオイルです。

これは、化粧品のオリーブオイルで食用ではありません。

これも、寝る直前につけるといい感じです。

つけすぎると翌日ベタっとする時期もありますが、いい香りですしおすすめです。

最後は馬油です。

手足の乾燥にも顔の乾燥にも何にでもOKです。

お風呂あがりに手足につけて、寝る直前に顔につけるとしっとりとしていいと思います。

どれもおすすめですが、価格だけで比較すると白色ワセリンが数百円で安いです。